中国の電子決済をWordPress上で実装する

以前の投稿で、中国人は電子決済のAlipayやWeChatを使用してお金を払っていることを述べました。 また、多くの中国人はクレジットカードは持っていないが、デビットカードは持っていることも述べました。

デビットカード補足

これが中国銀行と中国工商銀行のカードになります。銀行のキャッシュカードとデビットカードを兼ねています。

クレジットカードではないので、セキュリティ番号などはありません。これらのカードはほとんどの中国人が持っています。デビットカードは一部の電子決済で使用可能です。

カードのロゴにあるように、これらのカードは銀連デビットカードと言います。

支払い方法

電子決済について

僕が考えている多くの中国人からお金を得る方法は、ホームページを立ち上げて(そこで物を売って)、電子決済を使用してお金を払ってもらうことです。支払い方法をまとめると以下のパターンがあります。

電子決済の方法 メリット デメリット
Alipay ほとんどの中国人が支払い可能なうえ、払う側の敷居が低い 中国で会社を作らないと受け取り側になれない。代行会社を経由する場合は別
WeChat Alipayほどではないが同様 中国で会社を作らないと受け取り側になれない。代行会社を経由する場合は別
銀連デビットカード ほとんどの中国人が支払い可能。中国人でなくとも受け取り側になれる 支払い方法が限られるうえ、中国人にとって敷居が高い

上記は現段階で分かってることです。会社を立ち上げるのはいろいろと面倒(できない?)なので、デビットカードを使った決済しかない状況です。

代行会社については後日取り上げます。

ホームページの立ち上げについて

電子決済はホームページ上に実装します。方法をまとめると以下のような実態が見えてきます。

ホームページの立ち上げ方法 メリット デメリット
日本のEC(物販販売)サービスを使う ・導入が簡単
・デビットカードの支払いに対応(自由度→低)
・中国語に対応していない
・グレーな商品は扱えない
・決められた手数料が必要
中国のEC(物販販売)サービスを使う ・中国語対応
・Alipay、WeChat決済が使える
・準備から販売まで全て中国語で対応しないといけない
・決められた手数料が必要
・Alipay、WeChatを使う場合は中国の会社が必要
自分で作る(Wordpress) ・やり方、売る物全てが自由
・自前なのでサービス利用の手数料がない
・デビットカードの支払いに対応(自由度→高い)
・将来Alipay/WeChatが日本人でも使えるようになった場合に柔軟に対応可能
・いろいろ手間がかかる
・コンピュータの知識がないと敷居が高い

WordPressプラグイン

WordPressというのはホームページを立ち上げるツールのことです。Wordpressはプラグイン単位で機能の拡張が行えます。中国向けに電子決済を行うプラグインが何か無いか調べてみました。

キーワード「Alipay」でプラグインを検索すると上記のような検索結果が得られます。個人でAlipayを使うのは難しいと先に述べたばかりなので、Wordpress Alipayプラグインについて細かく説明する意味はありませんw

参考までに続けます。

xunhu-alipay-payment

これは中国の会社が作ったものです。このプラグインは画面にAlipayの支払いボタンを表示させるものです。

緑の場所がボタンです。

ボタンをクリックするとAlipay(支付宝)に進む選択肢が表示されます。

Alipayの画面はこんな感じです。これは中国人がいつも使っている画面です。これなら中国人にも違和感無く受け入れられます。さらにこのプラグインの良い所は打赏として使えることです。打赏とは寄付のことです。寄付サイトを作るのに便利そうです。

もしこのプラグインを使いこなせば以下のことができます。

  1. ホームページを開く
  2. 寄付の説明文を読む
  3. 寄付ボタンがある
  4. ボタンをクリックするといくら寄付するか聞かれる
  5. 支払いボタンをクリックすると、中国人にとってお馴染みのAlipay画面に飛ぶ
  6. 確認を押すと支払いが行われる(相手のAlipayから自分のAlipayにお金が移る)

Stripe Payment Gateway WooCommerce Addon

これはクレジットカード決済を行うのと同じ要領でAlipay決済をできるようにするプラグインです。

クレジットカード決済は皆さんもやったことがあるのではないでしょうか。

画面で以下の情報を入力しています。

  • カード会社
  • カード番号
  • 有効期限
  • 支払い方法
  • セキュリティ番号

Alipayでの決済ならこれだけで済みます。

  • 携帯番号(自動識別)
  • 暗証番号

とても便利なのですが、このプラグインはアメリカ人しか使うことができません。また打赏としての使い方もできません。Stripeについては後日記載予定です。

WordPressプラグインでの決済導入まとめ

Alipay決済が簡単に受け取り側で設定できたらいいのにな、と憧れる気持ちが強くなったのではないでしょうか。

Alipay決済代行

中国を狙うにあたってAlipay決済の導入検討は、誰しもが通る道です。最近では多くの代行会社を見るようになりました。代行に依頼しても、個人で設定するにしても、Alipay提供会社(アリババ)に提出する情報は同じだと思います。

情報が揃っているなら、先に記載したWordpressプラグインを使用して、自前で実装してみるのも手だと思います。