Alipayなどの電子決済を自前で実装する方法。初心者向け解説【中国IT】

中国でそのようなことをやろうとすると、電子決済が必要になってきます。分かっている課題を共有します。

中国の事情

これまで上海を歩いてみて、以下の事が見えてきました。

  • ほとんどの人がスマートホンを持っている
  • 銀行と携帯ショップが多い(50M間隔くらいである)
  • スマートホンで動画を見る、送信する、くらいの余裕はある(ただし、ネット回線は遅い)

  • モールに入っているテナントはほぼ全て電子決済を導入している
  • クレジットカードは持っていないがデビットカードは持っている
  • (銀行のキャッシュカードにデビットカードの機能が付いている)
  • カード決済をしている人を見たことが無い

こんな感じで日本と同じくらいスマートホンが生活に浸透しています。

決済アプリ紹介

支付宝(Alipay

アリペイと言います。中国人のほとんどが使用しています。僕たち日本人も使うことはできますが、中国人と同じ環境を整備しないといけないです。

  • 中国で恒久的に使える携帯番号の取得
  • 中国の銀行口座の取得

どちらも、中国に来てパスポートがあれば取得可能です。 

微信(WeChat

おなじみWeChatです。このアプリにはウォレット機能が付いています。WeChatはLINEの中国版です。WeChat自体は日本でもインストールすることはできます。

日本でインストールしたWeChatはウォレット機能が付いていないので、中国の携帯電話でインストールする必要があります。

アプリのイメージ

大雑把にいうとこんな感じです。

  • アプリ提供会社に銀行キャッシュカード(デビットカード)を登録する
  • 決済アプリに暗証番号を設定して使う時に認証する
  • アプリ提供会社は携帯番号と暗証番号で個人を認証する

これは電子決済を使う(支払う)側の流れです。

電子決済でお金を受け取る側になる

これをクリアしないと大勢からお金を得ることはできないです。仮に僕がお金を受け取ることができるようになったとすると、以下の流れでお金を得ます。

  1. ホームページを立ち上げる
  2. ホームページで物を売る
  3. 支払いで支付宝や微信を使う(ほとんどの中国人が僕のホームページで物を買えるようになる

クレジットカード決済であれば既存の方法で実装できます。しかし、多くの中国人はクレジットカードを持っていないため、実装してもお金は払えません。

支付宝で支払いを受ける側になろうとしてみた

アプリ提供元への身分証明が必要になります。身元証明のためにこれだけの情報があるようです。いくつかは入力してみましたが、営業許可とか、企業の証明とか、個人では入手不可能なものもあります。