WordPressでAlipayのQRコードを表示させる方法

WordPress、Stripe、Alipayの組み合わせで、決済を導入する方法を述べます。

2つに分けて説明します。

  1. Alipay決済用のQRコードを表示させる
  2. AlipayアプリでQRコードを実際にスキャンして支払いを行う

今回は「1.」の説明になります。

Alipay導入概要

流れは以下の通りです。

  1. WordPressでStripe決済を実装するプラグインを検索する
  2. そのStripeプラグインがAlipayをサポートしていればOK
  3. テストサーバに導入
  4. QRコードによる決済テスト

XAdapter Stripe Payment Gateway for WooCommerce

XAdapter

WordPressディレクトリからStripeとAlipayをサポートしているプラグインを見つけました。決済のプラットフォームがWooCommerceしか対応していませんが、今はテストサーバで動けばいいのでOKです。

このプラグインの正式名称はWooCommerce Stripe Payment Gateway (Credit Card, AliPay, BitCoin, Apple Pay)です。

Alipay設定

How to setup Alipay using Stripe Payment Gateway Plugin for WooCommerce?

この解説通りで問題ないです。

プラグインをインストールして、テストサーバで支払い画面を表示してみると、

Pay via Alipayボタンが存在するStripeの決済フォーム

「Pay via Alipay」ボタンがありました!

Alipay決済を実施(Live本番)

ボタンをクリックすると。。

Alipayの決済画面

Alipay決済のQRコードが表示されます!

Alipay決済詳細

販売(商品登録)したものは1200円でした。それを元に導くと

  • 71.12元クライアントが支払う(当時1元16.87円のレート)
  • 自分の手元に振り込まれるのは1157円⇒約4%の手数料

こうなります。

Alipayテストモード

Alipayテストモード

Stripeにはテストモードがあります。それでAlipay決済を実施してみると↑の画面になります。Stripeの本番環境ではSSLが必須なので、SSLが無い環境ではここまでしか進めません。

Live本番の画面を表示させるためにはサイトをSSL化させる必要があります。

次は表示したQRコードを実際にAlipayアプリでスキャンするテストを行います。