BuddyPressプラグインとの違い

BCPRESTと他のWordpress会員制サイト構築プラグインがどう違うのか実例を交えて説明します。

【注意】本ページで述べている内容は、弊社が独自に調査してものであり、比較対象のプラグインを貶める目的ではありません。そもそも、それぞれのプラグインで目指しているゴールが異なるので、比較するのは意味は薄いかもしれません。

WordPressの無料プラグインで会員制サイトを構築するのは難しいとご理解いただければ幸いです。

BuddyPress

上記のプラグインで会員制サイトを構築するケースを例に説明します。

【検証環境】

WordPressプラグイン BuddyPress
BuddyPress Activity Plus
bbPress
WP Mail SMTP
WordPressテーマ Simplicity2

全て必要最低限の初期設定のみ投入しています。

ユーザー登録画面

これがBuddyPressのユーザー登録画面です。気になる点があります。。

  • 入力項目が多い(登録が面倒)
  • セキュリティチェックが無い

特に後者が致命的です。これではスパムにやられたい放題です(詳細は後述します)。

ここはシンプルで良いのではないでしょうか、BCPRESTの場合は以下です。

Google reCAPTCHA認証により「私はロボットではありません」のチェックを入れないと、登録メールが送信されません。

ユーザー登録を行う

BuddyPressのユーザー登録画面が情報を入力し、ユーザー登録を行います。ここでも問題が発生します。

送信されたメールに記載されているリンクをクリックすることで、ユーザーがログインできるようになるのは、BuddyPressもBCPRESTも同じです。

しかし、肝心なメールが送信されていません。メッセージ上では「メールを送信した」とあるのにメールは送信されていません(プログラムのバグでしょうか)

WP Mail SMTPプラグインのメール送信テストでは、確かに送信成功しています。また、メールが迷惑メールに分類されているわけでもありません。

無料プラグインではしばしこのような事例が発生します。他のプラグインとの連携がうまくできないのです。

BCPRESTは全てテストされた状態でリリースされていますので問題はありません。

スパム対策について

細かい話になりますが、BuddyPressではユーザーが作成されるタイミングは

この「登録を完了」ボタンを押した時です。極論を言えば、このボタンはスパムプログラムによって無限にクリックすることができます。

この状態を放置しておくと、スパムによってイタズラユーザーが無限に生成される可能性があります。スパム対策(Akismet Anti-Spamプラグインや、Google reCAPTCHA認証)によって、ある程度抑制はできますが、ボタンをクリックしただけでWordPressのユーザーが作られるのは好ましくありません。

BCPRESTではレジストメールに記載されたリンクをクリックしない限り、Wordpressのユーザーは作成しないので、上記のような心配はありません。

ログイン画面

BuddyPress会員制サイトのログイン画面は、Wordpressを使った事のある人にはお馴染みの上記の画面です。URLもhttp://ドメイン名/wp-login.phpとなっていて、固定です。これらはWordpressデフォルトの設定です(つまり、開発者であれば誰もが知っています)。

会員制サイトでデフォルトのログイン画面を使用するのは、セキュリティの観点で好ましくありません。

BCPRESTではデフォルトの設定は採用しないで、オリジナルのログイン画面を採用しています。

【補足】BuddyPressを使用しつつも、オリジナルのログイン画面にすることは可能ですが、多くのカスタマイズが必要になります。

会員制サイトの機能

BuddyPress会員制サイトの主な機能は上の図に表示されている通りです。ここではアクティビティについて説明します。

アクティビティとは、一言で言うと「誰が何をした」という情報です。BuddyPressで作る会員制サイトは、ユーザーがアクティビティを投稿するサイトになります。イメージとしてはFacebookに近いです。

筆者の所感としては、アクティビティで投稿する内容は「一言メッセージ」が多いです。xxxに行ってきた、xxxが美味しかった、など。しかし、BuddyPressでは(デフォルトでは)投稿に写真や動画が添付できないので、淡々と文字だけを投稿するサイトになってしまいます。

【補足】

拡張プラグイン(BuddyPress Activity Plus)を使えば、BuddyPressで投稿するアクティビティに画像が添付できるようになりますが、

  • 添付したはずなのに反映されていない
  • 表示が崩れる

など、きちんと使えるようにするためには、手をいくつか加える必要があります。